130902_PayPay_Policy

PayPalには売り手保護というものがあります。

現在、PayPalのWebサイトには売り手保護に関して、
以下の定義が載っています。

「売り手保護とはPayPalアカウントを持っている
eBayの売り手を保護するプログラムです。
このプログラムは 保護対象資格を満たしている取引に対し、
eBayの売り手をクレーム、チャージバック、
またカード保有者の未承認で行われたカードによる取引や、
商品が届かなかった場合の取引の取り消しから保護するものです。
保護対象はeBayで売られPayPalで支払われた商品に限られます。」

とあります。

このように、
今まではeBayで売られた商品にだけ
適用されるものでした。

つまり、
eBayの外でした直接取引に関しては
面倒を見ないよということです。

しかし、
本日受け取ったポリシー変更のお知らせによると、

「弊社はユーザー規約を変更し、PayPal売り手保護制度を、
eBay取引およびeBay以外の取引により、
PayPalアカウントを保有する買い手より受け取った対象となる支払いに適用します。」

とあります。

つまり、
eBay以外でした取引でも
今後は要件を満たしていれば、
売り手保護が適用されるようになります。

 

以下の要件(要点を抜粋)を全て満たす必要があります。

a. 商品は物理的な有形商品でなければなりません。

b. PayPalサービスによる、買い手の保有するPayPalアカウントから受領した支払いでなければなりません。

c. 当該取引に関して単一のアカウントにおいて単一の支払いを受ける必要があります(部分的な支払いおよび/または割賦・分割払いは除外されます)。

d. 「取引の詳細」ページの配送先住所に商品を発送する必要があります。商品が異なった住所に発送された場合、お客様はPayPal売り手保護制度の対象となりません。

e. 下記に定める発送要件に従う必要があります。

f. 支払いは、「取引の詳細」ページでPayPal売り手保護制度の「対象」または「一部対象」であることが記されている必要があります。

g. PayPalによる資料およびその他の情報提供要請にすみやかに対応する必要があります。

h. 何らかの理由によりお客様の資格要件が停止されていないことが必要です。

 

これは海外販売をする人にとっては、
朗報ですね。
今まで直接取引はeBayの手数料を払わなくていい
というメリットもありましたが、
何かあったときにPayPalの売り手保護が受けれない
というデメリットもありました。
これが今後は解消されるということですね。

発効日は、2013年10月11日
となっているので、覚えておくといいでしょう。

本日もお読みいただきありがとうございます(^o^)
Thank you for reading today too 🙂

 

【ハピタス】

ヤフオク!や楽天での買い物時に
このサイトを経由するだけでポイントが貯まります。
1P=1円で現金に交換できます。
クレジットカードのポイントと合わせると、
通常の2倍ポイントが貯まるのでお得です♪
仕入でヤフオク!や楽天を使うので
かなりのポイントが貯まっています。
知らないと損をしてしまいます。

http://kaigaisale.com/hapitas

 

【『絶対に使える英文eメール作成術 (角川SSC新書)』】

この本のおかげでeBayの英文eメールが怖くなくなりました。
たったの861円で費用対効果が抜群です♪
ビジネスで使う英語例文が状況ごとに豊富に用意されているので、
取引メールで困ったらこの本を開いています。
手元に1冊置いておくと、いざという時助かります。

http://amzn.to/ZWV79g

今はこちらで電話で使う英会話の勉強をしています。
電話で取引ができるようになることが目標です。
↓↓↓
http://amzn.to/10pA1jn

 

【Dropbox】

無料のファイルストレージサービスです。
Web上にファイルを保存できるので、
違うPCからでもスマートフォンからでも
どこでも仕事ができるようになります。
友人へのファイル共有も簡単です。
使ったことがない人は是非使って欲しいサービスです。

http://kaigaisale.com/dropbox