日本郵便 料金後納郵便差出表 テンプレートのダウンロード

みなさんは日本郵便の料金後納を利用されてますでしょうか?

料金後納のメリットとして、
・毎回窓口で料金を払う必要がなくなる
・切手を貼る手間が省ける
・一ヶ月まとめて料金を支払うので料金の計算が楽
・大量に発送すると料金の割引が適用可能
・金融機関の口座から自動的に引き落とし可能
・後納料金ご利用明細をWebで確認できる
・引落日が翌月20日なので多少キャッシュ・フローがよくなる
などが挙げられます。

まだeBayをはじめたばかりでそんなに出荷がないけど登録できるのかという疑問がある方もいらっしゃると思いますが、登録はできます。
私もeBayをはじめた翌月から早速利用しています。

EMSは4個以上で後納とすることができますので、意外とハードルが低いです。
まだ4個も出していない場合でも、これから4個は出す予定ということで申請したら大丈夫だと思います。

 

ただ、デメリットもあります。
それは、料金後納差出表という書類を毎回作って提出する必要があります。

これが結構面倒くさいです。

国際eパケット 何グラムまでが何通で料金がいくら、
EMS 何グラムまでが何通で料金がいくら、
合計 何通で合計金額いくら、
というように表に書き込んで、合計金額を計算しなくてはなりません。

最初、郵便局員さんから説明を聞いた時に、「みなさんご自分でエクセルで作ったりされてます。」と聞いたので、ネットで探せば見つかるだろうと思いましたが、意外と見つかりませんでした。

そこで私は自分で作ったものを使用しています。

必要な方は以下からダウンロードして下さい。

「日本郵便 料金後納郵便差出表 テンプレート」のダウンロード
料金後納郵便差出表テンプレート
※OpenOffice Calc用のファイルになります。
  Microsoft Excelでは一部機能が使えない場合がございます。

以下の項目が自動で入力されるようになっています。

・本日の日付が自動で入る
・郵便物の種類はプルダウンメニューから選択できる
・重量の欄に数字を入力すると自動で「gまで」という文字が追加
・通数の欄に数字を入力すると自動で「通」という文字が追加
・料金の欄に数字を入力すると自動で「円」という文字が追加
・各通数と料金を入力すると自動で合計通数と合計料金が計算される

これを作ってから毎回電卓を叩かなくてよくなったので、めちゃくちゃ楽になりました。

入力が完了すれば、2部印刷・押印して郵便局の窓口に荷物とゆうびんビズカードと一緒に提出します。

これで料金後納のサービスをうけることができます。

以上です。
本日は日本郵便の料金後納差出表のテンプレートファイルの紹介でした。

下記にもう一度ダウンロードできるボタンを設置しておきます。
必要な方はどうぞご利用ください。

「日本郵便 料金後納郵便差出表 テンプレート」のダウンロード
料金後納郵便差出表テンプレート

日本郵便 料金後納郵便差出表 テンプレートのダウンロード」への2件のフィードバック

  1. 相馬

    Tommyさんこんにちは、初めまして、

    現在自分は2012年7月からebayを始め最近、
    発送を後納郵便を申請中で本日ビズカードが届いた所です、
    発送には料金後納差出表が必要とのことなのでテンプレートを探していた所
    Tommyさんのサイトにあったので、有難く
    ダウンロードさせて頂こうと思ったのですが、ダウンロードファイルがないようでダウンロードできませんでした。
    http://kaigaisale.com/130201-japan-post-kounou/
    もし可能でしたらテンプレートを再度ダウンロードできるようアップして頂けないでしょうか?

    返信
    1. TommyTommy 投稿作成者

      相馬さん

      初めまして。
      メッセージありがとうございます。

      お返事が遅くなってしまいましたが、
      下記に再アップロードしましたので
      ダウンロードしてください。
      http://kaigaisale.com/kounou-excel

      もし、使ってみて何かお気づきの点がありましたら、
      教えていただけますと幸いです。

      どうぞよろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">