こんにちは。
Tommyです。

リチウムイオン電池を郵便局から国際郵便の航空便で送る場合、
単体では送れなくて機器に組み込んで送る必要があるなど、
制限があるのはよく知られています。

しかし、今回eBayで売れたのは、
ニッケル・カドミウム蓄電池 (ニッカド電池) で、
古いカメラなどに使われています。

ニッカド電池の航空便の制限についてはわからなかったので、
国際郵便の窓口に問い合わせしました。

すると、しばらく調べてくれた後、
ニッカド電池については単体でも航空便で送れるとの回答でした。

ただし、
「Not Restricted, as per Special Provision A67」(特別規定A67に従って制限されない)
を内容品の欄に記載する必要があるとのことでした。

ちなみにこのキーワードでググってみると、
ニッカド電池以外にもニッケル水素充電池 (エネループ) なども
航空便で送る際にはこの記載が必要なようです。

ちなみに国際郵便として送れないものは、
郵便局のWebサイトから確認できます。
http://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/

こちらのページに郵送禁止物品として「バッテリー」
と書かれていたので、全てのバッテリーが航空便で送れないのかと思いました。

今回は、売れてからバッテリーはそもそも航空便で送れるのか、
という疑問がわいて、調べてみたら結果送れることがわかってラッキーでした。

もう少しで送れないと判断して
バイヤーにキャンセルの申し込みをするところだったので、
念の為に問い合わせ窓口に聞いてみて良かったです。

送れないと思っていたものが、
実は条件を満たせば送れるものだった場合、
機会損失になるので、もわからないと思ったら、
一度聞いてみた方がいいですね。

ただし、国によってはバッテリーの輸入が禁止されているところもあるみたいなので注意が必要です。

その他のバッテリーも送る前には一度日本郵便の窓口に確認した方がいいです。

禁止物品を間違って送ってしまってもし事故に繋がってしまったら、
本当に大変なので、ルールはよく確認することをおすすめします。

本日もお読みいただきありがとうございます(^o^)
Thank you for reading 🙂

あとがき1

家の中にある使わないものを処分していっています。
使わなくなった古いパソコンを2台処分しました。
使わなくなって数年になるのですが、
データの整理や消去などが面倒くさくて長い間放置していました。
思い切って処分してみるとスッキリしました。

次は大量にある本を全て電子書籍化する計画をしています。
場所を取っている本がなくなるとかなりスッキリしそうです。
よさそうな自炊代行屋さんが見つかったので、
近々本を整理して送ってしまいたいと思います。
楽しみです♪

【ハピタス】

ヤフオク!や楽天での買い物時に
このサイトを経由するだけでポイントが貯まります。
1P=1円で現金に交換できます。
クレジットカードのポイントと合わせると、
通常の2倍ポイントが貯まるのでお得です♪
仕入でヤフオク!や楽天を使うので
かなりのポイントが貯まっています。
知らないと損をしてしまいます。

http://kaigaisale.com/hapitas

【『絶対に使える英文eメール作成術 (角川SSC新書)』】

この本のおかげでeBayの英文eメールが怖くなくなりました。
たったの861円で費用対効果が抜群です♪
ビジネスで使う英語例文が状況ごとに豊富に用意されているので、
取引メールで困ったらこの本を開いています。
手元に1冊置いておくと、いざという時助かります。

http://amzn.to/ZWV79g

【Dropbox】

無料のファイルストレージサービスです。
Web上にファイルを保存できるので、
違うPCからでもスマートフォンからでも
どこでもアクセスできて便利です。
ファイル共有にも使えます。

http://kaigaisale.com/dropbox